“まったく新しい”超早期機械故障予兆検知 & QA AEセンシングシステム

Early Observer

一般的な振動センサでは検知できない高い周波数の弾性波=AE波をセンシングします。

物体の亀裂や摩擦・摩耗状況を検知し、今まで不可能と思われていた設備の機械的故障の兆候や品質管理・保証を実現可能にする、“まったく新しい”AEセンシングシステムです。

予防保全/兆候管理

  • 回転機(ベアリング)健全性予兆
  • ギアの健全性確認、突発故障予兆
  • フレームやシャフト、圧力容器等のき裂確認
  • 摺動部油膜健全性確認

品質確保/不良品流出防止

  • 金属NC加工良否判別
  • 脆性材NC加工良否判別
  • アーク溶接良否判別
  • 各種クラック検知判別

設備予兆・品管革命

人の可聴領域を超える高周波を監視し「揺れる・壊れる」前を見える化。
独自のAEセンサとパラメータ化技術でFFT解析不要のシステムを構築従来にないセンシング性能、かつてない使いやすさを実現しました。

Early Observerは「対象物質別AEセンサ」でターゲットの塑性変形を監視

<AEセンサ信号のパラメータ化>

①Amplitude(アンプリチュード=最大振幅)
 AE波形の最大振幅値(OVから最大変位までの電圧)をdB換算
 =亀裂進展/摩擦量と相関関係

②Energy(エネルギー)
 持続時間内におけるAE波形の積分値=摩擦量/き裂面積と相関関係

③ RMS(実効値)
 エッジ処理時間単位毎に取得したAE信号の実効値
 =摩擦係数と相関関係

*エッジ処理時間(MELSECへの送信間隔) 10/20/50/100msで設定可能

*センサの応答速度は 0.1μs Amplitudeパラメータは0.1μsの信号も反映します。 

Early Observer 製品ラインナップ

Type Uno

  • 1軸計測型
  • フェールセーフ機能搭載
  • HPF30、50、100、150KHz
  • 全てMELSECからコントロール可
  • MELSEC iQ-R/Q用通信FB付属
  • GOTサンプルデータ付属
  • 専用PC接続ケーブル(OP)で  PCでの簡易ロギング可能

Type Quattro

  • 4軸切替計測型
  • 軸切替はPIOで実施
  • フェールセーフ機能搭載
  • HPF30、50、100、150KHz
  • MELSEC-iQ-R/Q用通信FB付属
  • GOTサンプルデータ付属
  • 専用PC接続ケーブル(OP)で  PCでの簡易ロギング可能

持ち運びに便利なポータブル・キャリータイプ

Early Observer MEL-E Portable

手軽にAE波形を計測する為の小型軽量AEモニタリングシステムです。
付属のスイッチ信号や外部入力に同期し、PCやUSBメモリにロギングすることが可能です。
電池内蔵で、電源がない環境でも計測できます。
持ち運び・保管に便利な専用防水ケース付です。

AEセンシングシステム
〈Early Observer MEL-E Carry〉

MELSEC iQ-Rで、設備に合わせたカスタマイズが可能。
健全性診断・QAに必要な複数データを同時にロギングすることで、設備健全性診断の精度を上げることが可能です。

品質管理

製造後の検査から、インライン検査に変えることで、工程の短縮・不良ロットの削減を図ります。

Bead Sonar アーク溶接インライン品質検査

溶接による金属の塑性変形時に放出されるAE波を計測。
溶接の一次現象を監視しワークの溶け込み状態をデータ化溶接加工同時に溶け込み状態・溶接品質管理を実現します。

Friction Sonar

工具とワークの接触により発生する高周波AEエネルギーを測定。
工具の欠陥や摩耗状態を検知し、加工状態の見える化を実現します。